ICOで初心者が稼ぐために

もしICO参加がまだで、これから参加する予定、もしくは興味があるならぜひご覧ください。

ICOとは

ICOとはイニシャルコインオファリング(Initial Coin Offering)の略で、株式公開前のオファーの仮想通貨版と思っていいでしょう。

会社が資金調達するために独自のトークン(仮想通貨の前段階)を開発し、それをICO参加者に参加費に応じて配布するというものです。

そのトークンが一般に取引可能になることを取引所へ上場と言いますが、上場することで一般に流通するのです。

売買ができる、すわなちそのトークンが仮想通貨として流通して価値が生まれてくるのですね。上場しないとICOで購入した人だけしか持っていないし、流通もしません。

だから上場しないICOのトークンは全く意味をなさないのです。

ICOに参加するなら、そのトークンが上場するこれが大変重要なのです。上場しない、上場する予定は未定といったものは参加するのは見送るべきでしょう。

上場はするが、日程は不明という場合は、そのICO企業がどういった趣旨でICOしているのかを見極めるべきですね。

一番いいのは上場が決定という記載があると安心してトークンを購入できます。やはりICO企業がホワイトペーパーを公開し、ロードマップをきちんと定めて、その中に上場の予定日がしっかり書いてある、こういったICO案件に参加するべきですね。

ICO 仮想通貨 一覧

どういったICOがあるのかな?一覧ってないの?いやあ、実に楽しいサイトがあるので紹介します。

コイン神社というサイトから一覧情報が詳細に出ています。

コイン神社

コイン神社のおすすめの使い方として、

左のメニューからいろいろな条件を選択してお好みを見つけてみましょう。

調達金額が少ないからと言って悪い案件というわけではありません。逆に少ない調達資金の案件のほうが将来上場したときに上がる倍率が高くなる可能性もあります。

調達資金が多いから大きなプロダクトというのはわかります。本当に壮大なプロジェクトで大金が必要なのかもしれません。

ただ、どんなに大きなプロジェクトでも上場したてのルーキーは流通に時間もかかると思いますので、上がるまで時間がかかることもあります。

調達資金で成功、失敗というのは当てにならないと思います。だからとりあえず調達資金のプルダウンはすべてを選んでもいいと思います。

すべてをみるとすさまじい数のICO案件なので、やはりすぐ参加できそうな、進行中にチェックを入れて残りのステータス3つのチェックを外します。

そうすると、今すぐ参加可能の案件だけチョイスできますので早くICO参加したい!どういったのがあるんだ!っていう人にはお勧めのやり方です。

でもこの中で自分で根拠もなく参加しても失敗する可能性がありますので、いろいろその銘柄のホワイトペーパーとかしっかり精査して参加するか決めましょう。

ICO 仮想通貨 詐欺

詐欺が95パーセントとも言われています。

ということは初めてで参加するのは成功確率がたったの3パーセントとなり、普通で考えたら君子危うしに近寄らすで、危ないものには近づかない。

これ鉄則です。普通はですけどね。

だけど、そんな危険な橋を渡るからこそ得られるリターンが大きい。それがICOへの参加なんです。大手企業も仮想通貨のICOを使っての資金調達を成功させている事例も多々あります。来年には楽天も楽天コインを計画中だという話もあり、ますますICOも盛り上がってきそうです。

しかし今後のICO規制によっては2018年で最後かもなんて話もチラホラありますが、真意はわかりません。やりたい放題のICOという感じが強いですね。

株式の世界ではインサイダー情報などとして違法行為になるようなことが仮想通貨ICOでは全く合法となっています。

これがいずれ法改正でできなくなるかもしれません。

今できるときに冒険するというのが俺のスタンスなので、ちょっと今年は男を上げようと考えています。

ICOは危険?!

危険度はいっぱいです。

詐欺が先ほども書いたように95パーセントと言われているからです。

その仮想通貨がしっかり開発しているかを見る必要があります。

その確認方法はホワイトペーパー。

すなわちその仮想通貨の使われ方などの説明ですね。それがないと、将来どんな期待があるのか、その仮想通貨が流通する価値があるのかが判断できません。

所詮流通しない仮想通貨をもっていても価値が上がらない。逆に下がってしまう。そんな仮想通貨は持っていてもしかたありませんからね。

あと、詐欺じゃなくても上場しても公開前のトークン価格より安くなる『トークン割れ』になって、保有しても一向に上がらずなんてことも良くあります。

そういったときはできるだけ原価に近いうちに売り払って傷口が広がらないようにする必要もあります。でも売り払ってから数年後に爆上げ・・・

なんてこともないとも言えません。

それも危険な賭けの臭いがプンプンです。自分が買ったICOトークンの上場日が分かったなら、その日はしっかり取引所で相場を見守って、大きく上昇したならせめてICOで入手した分くらいは抜いて、あとは上がるのを気長に待つというのも賢いやりかたかもしれません。

危険度が少ないやり方としてまとめますと、ホワイトペーパーがない案件は見送る。仮想通貨の開発に力を入れていないなら参加を見送る。単なるお金稼ぎだけが目的のICOは避ける。(こんな案件はホワイトペーパーすらない場合もある。ホワイトペーパーに賛同できる案件になるべく投資したいですね)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする