仮想通貨はもう終わりなのか?!

仮想通貨はもう遅い。終わりです・・・

果たして本当でしょうか?ならなぜ、あの超最大企業ヤフーが

『仮想通貨取引所を来年2019年には開業予定』というニュースが流れるのでしょうか?

ヤフーが仮想通貨交換業への参入を検討していることが23日、わかった。子会社を通じ交換業者「ビットアルゴ取引所東京」への出資を検討している。

引用元:https://www.huffingtonpost.jp/

さらにネット界のキングオブキンググーグルも、

グーグルは、独自のブロックチェーン関連のテクノロジー開発に取り組んでいると報じられた。グーグルは、分散台帳を開発しているという。クラウドサービスを分化させることを目指すと、関係者が明らかにした。

引用元:http://www.mag2.com/

ヤフーは仮想通貨取引所を計画し、グーグルは仮想通貨の技術であるブロックチェーンを応用してさまざまなサービスを今後は目指しているというんですよね。

また、グーグルは仮想通貨で流通量3位というすごいコインであるリップルに出資しております。あの天才集団であるグーグルが、『将来がない仮想通貨だったら出資などするはずがない』

となります。

終わりと騒がれている理由

確かにいろいろなものにはいつかは寿命というのはありましょう。しかし、仮想通貨が数年でなかなか考えられません。終わりと言われている理由として、

  • グーグルが仮想通貨関連のネット広告の配信を6月で中止する
  • 仮想通貨NEM流出事件発生
  • G20で仮想通貨を取り締まる(結局悪い団体を締め出すための話し合いだっただけ)
  • 量子コンピューターにより仮想通貨が破綻する

このような不安要素があるからです。事実でしょうし、不安はあります。

しかし、どんなことにも不安は付き物です。

  • 健康体は永遠に続きますか?
  • 平和は永遠ですか?
  • 命は永遠ですか?
  • 景気が良い時、悪い時があります
  • 国がいつまでも安泰である保証は?
  • いつ天変地異に襲われるか誰もしりません

まず、いつまでも安心安全に仮想通貨ライフが楽しめる。これは幻想と心したほうがいいです。まず、近い将来を見据えて、今を勝ち取ったほうが良くありませんか?

5年後より今年の生活を潤いさせたくありませんか?

確かに5年後、老後は大変大事です。でも、今食うものも満足に食えない。このような状況でしたら、まず、まだまだ儲かるといわれている仮想通貨で資産を少しでも増やす。このような考えで良いのではないでしょうか?

近き将来、量子コンピューターが出現して、一撃で仮想通貨のブロックチェーンが解読・・・

ありえない。なんて保証はどこにもありません。量子コンピューターは既存のスーパーコンピューターの1億倍ともいわれる処理能力があるといわれています。現在はないので、ないものの心配はしてもしょうがないのです。

交通事故にあったらどうしよう・・・

あっていないのだから、そんな心配はしてもしょうがないです。もちろん交通事故にあわないように最大限の用心は必要でしょう。仮想通貨で利益を増やす事も同じようにあてはまります。

  • 詐欺にあわないように、いろいろな情報を精査する。
  • この仮想通貨の将来性を研究する
  • 取引所のログインは2段階認証は必須など

今できる用心を最大限に行い、過度な心配をせず、打つ手を打っていきましょう。

怖い怖いと何もしないと、せっかくのチャンスをつかみ損ねるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする