仮想通貨は終わった?伸びる?どっち?!

本日のニュースでまったく真っ二つの意見のニュースが流れましたね。

つまり、

  • 仮想通貨は終わった
  • 年内20000ドルまで伸びる

この両極端のニュースです。

まず終わったというニュースはこちら

完全終了へ・・・という何とも落胆なニュースですね。

それでまったく逆の意見のニュースがこちら

完全終了へというニュースの根拠ですが、中国、インドの仮想通貨が禁止ということで、世界人口のナンバーワンとナンバーツーの国が参加不能という理由を上げています。

確かに2か国での人口はなんと27億人とうとてつもない人口ですからね。世界の人口が76億なので3分の1がこの2国の人々ってことですからね。そういわれると確かに仮想通貨は終わるのか・・・って妙に納得してしまいます。

規制というのが確立してくる前段階であるのは確かだし、今は仮想通貨は発展途中。

どうなるかは誰もわかりませんが、まだ終わったなどという結論を出すニュースもいかがなものかと思います。

確かにインドと中国が参加できないとなると減るのはわかりますが、3分の2残っています。大体仮想通貨って流通量の4割が日本人だっていう事実もあるんです。

そんな仮想通貨大国である日本だって、仮想通貨を持っているのはたったの5パーセント。

600万人くらいが日本人で仮想通貨を持っています。その中でアクティブに取引をしているのは数割・・・

まだまだ伸びしろはありますよね。たとえインドや中国が参加してこなかったとしても。

では日本も仮想通貨禁止って懸念は?

税金たくさん入りますからね。仮想通貨自体を取り締まると大事な税収が減るっていうのは日本の政治家たちはわかっているはずです。

だからこの間のG20で何も規制がなかったわけで。

今後どうなるかわかりませんが、あと少しはまだ楽しめると思います。楽しめるうちにガンガン参加しちゃうっていう発想もアリかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする