仮想通貨は危険すぎる?

仮想通貨は本来便利なもの、究極の金銭の形という期待値が高いものですが、危険度もあります。そもそも何が危険なの?一般的には

コインチェックからの仮想通貨流失という問題が最近ありましたし、2014年にはマウントゴックスという取引所で115億円のビットコインが消えたという事件も起きました。

あと、ツイッターなどで真意は不明ですが、所持していた仮想通貨が無くなったという悲痛の書き込みもチラホラ見られます。

さらに、仮想通貨に詳しい苫米地博士は

『今の仮想通貨は数年は大丈夫だろうけど、今後のコンピューターの発達により破壊される可能性が高い。量子コンピューターが出たらやばいことになる(趣意)』

との警鐘を鳴らしているんです。

苫米地博士はさらに、

『自分(苫米地博士)の技術を使えば大丈夫。通称ベチ理論(趣意)』

とも言われています。仮想通貨の理論が出回ったもっと前から苫米地博士の中には構想があったようで、仮想通貨の基本的技術であるブロックチェーンより強力なものがベチ理論であり、開発もとっくにできているとしています。

危険なこととしてはある程度運頼みという部分も正直あるかもしれません。物質的なものがない、それがデーターであるため、一度デリートされたら二度と復帰しないという覚悟は必要なのは仕方ないものです。

考えられる危険性

  • 取引所にあった仮想通貨が消える
  • ウォレットに保管していた自分の仮想通貨が消える
  • 投資したトークンが実は詐欺団体だった
  • 投資したところが詐欺ではないにしても人気がなく原価割れ
  • 持っているすべての資産を仮想通貨につぎ込む

このようなことが考えれらます。

自分自身いまだそのようなことはありませんが、妻などに仮想通貨を持っている。また投資もしていると話すと決まって

『危険じゃない?やばいよ。破産しない?』

こんな答えが返ってくるため、

『もちろん万一焦げ付いても仕方ないレベルで楽しんでる

こう答えております。

仮想通貨はビジネス

仮想通貨はお金として持っていて便利に使えるように今後なっていきます。なので普通に所持する時代になるとは思います。しかし現在仮想通貨を持っている人は大抵はお金を増やす目的で持っているはずです。俺もお金を儲けるために持っています。

なので、現在においてはほぼビジネスとして投資の対象にしています。

投資です。なので100パーセント絶対儲かるなんてありえません。

100パーセントの儲けがあったらやった人みんな億万長者ですよね。現実はそんな甘くはありません。

しかし裏を返せばリスクが高いほど儲けも大きいのです。FXの外貨投資で一昔ですが、レバレッジが200倍とかかけられました。例えば10万円あれば200倍の倍率をかけられたのです。なので2000万円の取引としてトレードに参加できたわけです。これで1円のレート変動で約20万ほどの利損益がでてしまうんです。1円の変動は日々起きているし、10万円儲かったり損したりができてしまうんです。これがレバレッジが無ければ1円の変動では1000円の利損益です。たったの・・・

これがリスクがある場あるほど儲かるというものです。その反面に損害も大きくなる。

だから相場の勉強をしたりするのですね。だから真剣さも当然必要になってきます。

まずビジネスであり、リスクを恐れていては儲けなんてありえない。

このように考えるべきです。そしてあくまでも自己責任で取り組むべきではないでしょうか?

このリスク管理することで仮想通貨ライフが楽しいものとなります。本当に楽しいですよ!

自分の生活でできる範囲を計算して仮想通貨を持つ、これで楽しさ倍増なんです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする