ビットコインは終わった?

ビットコインは終わってしまったのか・・・
まず勝手に悲観的になってなってもいないことを思い込んでいる人がたくさんいますね・・・

まず現段階で仮想通貨の基軸通貨であり、いまだにトップ爆走中です。

単価が100万円近い仮想通貨なんてありますか?

第2位のイーサリアムだって6万円ほどです。

現段階ではまだ終わっていませんし、まだまだ先はあります。

2017年暮れに200万ほどあったビットコインは確かに数か月で半分に落ちてしまったのですが、なんだかんだ踏ん張って80万はキープしております。

古さはあるビットコイン

さすがに仮想通貨のフロンティアだけあって、古い仕様であるのは否めません。確かにビットコインに変わる仮想通貨が基軸通貨になる可能性はありますね。
いま騒がれつつあるいくつかのコインはビットコインに変わる基軸になる可能性を秘めた・・・

などと言われているものがいくつかありますので。
それはそれで性能が良いものが基軸通貨となって仮想通貨を盛り上げて、安全安心な取引ができるならむしろウェルカムだと思います。

ビットコインは送金してもすぐに届かない、マイニングと言って膨大な計算式を説く必要があったり、それらビットコインの弱点を克服しているコインはたくさんあります。

しかし、今日本でも実店舗でビットコインが使えるお店もあるわけですし、新たなコインが基軸通貨となるのはまだ先かもしれません。

ビットコインは終わったというニュース

イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は19日、仮想通貨ビットコインは伝統的な基準に沿えば通貨としては失敗したとし、価値貯蔵手段としても、物品などの購入手段としても通用しないとの考えを示した。

引用元:https://www.newsweekjapan.jp/s

このニュースが流れたのが2月20日です。もう1か月以上経ちますが、確か2月中旬のビットコインの相場が90万前後です。1か月たった今でも同基準を保っています。このようなネガティブなニュースが流れた後は暴落、さらに3月は暴落するというのは相場が決まっているのですが、まだまだ踏ん張ってくれています。ビットコイン。

なんだかんだケチをつける人は必ずいます。アンチってやつですね。

しかし、このニュースの中で、ネガティブなニュースではあるのですが、希望を持てる内容もありました。つまり、ブロックチェーン技術は金融取引を分散的に承認できる有用性はあると。

仮想通貨の武器であるブロックチェーン、これは評価されているのです。なのでビットコインが下火だとしても、仮想通貨自体の熱は冷めないと思われます。

そのような意見も精査しつつ、判断したいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする