ライトコインはどこまで上がる?

ライトコインはビットフライヤーという日本の最大級仮想通貨取引所に上場されており、期待度、安定度はぴか一です。

15000円程度の高値をキープしており、人気のコインです。今でも十分高値ですが、これからどこまで上がるのでしょうか?

高いから伸びしろも少ないのか?という気持ちもわかりますが、確かに100倍とか考えにくいですよね。10倍?んー。どうでしょう。こればかりは市場の読み、仮想通貨の市場規模が10倍になればたくさんのコインも10倍に伸びる可能性はありますね。

しかし突然10倍というのは、何かの特別なイベントがない限り厳しいのかなと思います。

沢山の余剰資金がある人がその潤沢な資産でライトコインのが1.5倍でも上昇したら、利益は50パーセントかもしれませんが、資産によってはかなり大きな金額となるでしょう。そんなコインでも言えることですが。

ライトコインの上昇について

ライトコインは当初は400円前後(それでも高い部類)だったのが2017年12月、そうです、ビットコインが240万円ほどまで暴騰した時期と同じくらいにライトコインも5万円を超えました。すさまじい上げを見せました。

発行枚数は8400万枚で、ビットコインの4倍ほど。それでも少ないほうでしょう。少ないと、その分価値が高まりますので、仮にですが、ビットコインが4倍の発行枚数とすると1ビット当たり100万と計算してみると4分の1、すなわち25万円ほどの価値になります。

ライトコインがビットコイン同等の知名度と人気があるなら、1ライトコインあたり25万円というのもありですが、やはりビットコインを超えることはまだまだできないと思われます。

伸びしろという面ではまだ1万5千円で、マックスで6万円近くまで行った経緯があるため、

この最高値の6万ほどを超える可能性はないとは言い切れないでしょう。

相場って高値を更新することってあるんです。なので、今現在の底値を想像し、どこまで上がったかを見てみる。それでも底値と近いと思えるなら勝負っていうのもアリでしょう。

また、大抵のコインで言えることですが、ビットコインが上昇しているときは上昇傾向と見て取れます。

ライトコインはたくさんの取引所で売り買いできるため、すでにマーケティングにおいて伸びしろは薄いとは思いますが、まずイベントなどないかアンテナを張っていることをおススメします。公式サイトもチェックしておきましょう→ライトコイン公式(日本語)

ライトコイン保持者のレビューです↓

元々仮想通貨に興味がありビットコインを少し持っていましたがビットコイン以外の仮想通貨があると知り将来性等を調べた結果、ライトコインを購入しました。

ライトコインはビットコインよりも維持費が安く使用感や価値も安定しています。実用性が極めて高く将来的に価値が上がっていくだろうと予想して買ってみました。

ライトコインは国内最大手の仮想通貨取引業者で扱っていましたのでそちらで購入しました。
売買は簡単ですぐに保有する事ができるようになっています。

そのライトコインは現在保有中で価値はピークからはかなり下がってきていますが、私の買値よりは上で推移していますので含み益の状態です。仮想通貨の将来性に関して不安な声も聞こえてきていますが、私は仮想通貨は将来の金融を大きく変えるポテンシャルがあると思っていますので引き続き保有をしていくつもりです。

今後の値動きに注目していきながらチャンスが有れば買い増し等も検討していきたいと思います。

ライトコインをGMOコインで買いましたが、少しだけですが儲けを出すことが出来て満足しています。
なぜ仮想通貨を買おうかと思ったかというと、雑誌を見ていて今来ているという記事を見てやってみようと思ったからです。GMOコインはとてもやりやすいサイトなのでここで仮想通貨を買っておくと良いと思います。

やっていく上ではネット上で成功した人のブログを参考にして買ったということもあります。
ネット上でブログなどをやっている人で、これを買ったことにより儲かったと書いている人のブログを参考にしました。

成功している人は成功している秘訣などをたまに書いている場合もあるので詳しく見ておくと良いです。
仮想通貨の本を買って読んだこともありました。

ライトコインを買って少しだけですが儲かりましたので、今度は別の銘柄を買ってみようと思っています。
お金を少しでも稼いでいきたいと思っている人は一度踏み出してみてやってみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする